【資格の勉強時間】人気資格10選を難易度ランキングと共に紹介!

こんにちは!TADです。

この記事では、資格のランキングについて記載していきます。

サラリーマンの資格選びには、大事なポイントがあります。

なぜなら、サラリーマンの方にとっては、必要な収入にや学習時間の制限など高校・大学受験とは違う目線が必要だからです。「学習」そのものにすべての時間や力を注力出来るわけではないからです。

この記事は、難易度学習時間の組み合わせという新しい切り口で資格ランキングを行っていきます。

※当サイトの資格ランキングは、あくまで当サイト独自の調査による当サイト独断の基準のランキングとなりますのでご注意下さい。

1.資格選びに重要なこと

 

仕事内容とやりがい

資格が持つ業務内容と、業務スタイルについて、しっかり知ることが重要です。

独立すると、どのような仕事の内容なのか?

どのようなワークスタイルで仕事をすることができるのか?

 

自分の「やりがい」と「望むべきワークスタイル」、「必要な年収」に合致しているのかどうかをしっかり考えて、目指すべき資格を検討していくことをおすすめします。

 

独立できるか?独立に向いていないか?

資格を取ろうという目的の一つに独立があると思います。

実は、資格で独立するために、注意しなくてはいけないことがあります。それは、営業や発信、そして他の方との連携が得意かどうかです。

なぜなら、資格には「独占業務」がある資格と無い資格があるからです。

「独占業務」とは、資格を持っている人のみが「お金を貰って業務を行うことが出来る業務」のことを指します。

業務独占資格は、安全や衛生の確保、取引の適正化などの実現のため、国などが一定の業務に従事するうえで必要とされる専門的知識、経験、技能などに関する基準を満たしていると判定した者について、当該業務への従事、法令で定める管理監督者への就任などを認めるものである。

無償業務独占資格司法書士、弁護士、医師 、税理士、土地家屋調査士等については、有償での業務に加え無償での業務も独占となる。有償業務独占資格行政書士、弁理士、公認会計士、不動産鑑定士、社会保険労務士等については、有償での業務のみが独占となる。

出典:ウィキペディア

つまり、独占業務が無い資格は、自分で仕事をとらなくてはならない必要性(お客様からのアプローチが独占業務と比べて少ないこと)が大きいです。

一方で、最近の傾向で、「独占業務を持っている=食える」ということは決して無くなってきました。

いかに、自分の専門分野を持ち差別化出来るかが、すべての資格に言える「独立するための条件」と言えます。

 

資格取得までの道のり

合格の目標日から逆算して、合格までの必要時間は足りているか?

 

その必要な時間をどのような方法で活用していくか?

 

これらの情報を事前に得ておくことは非常に重要です。

 

なぜなら、各資格ごとに、その学習方法に特性があったり、

取得するまでの手段に独自性があったりします。

 

例えば、税理士は科目合格制度がありますし、

中小企業診断士は、1次試験突破後は、2次試験等突破または中小企業診断士養成課程卒業で資格が付与されます。

 

この記事を最後まで読むと、試験ランキングのみならず、資格取得の学習開始や取得方法に有益な情報が分るようになっています。

2.評価が高く、専門性が高い国家資格ランキング

1位 司法試験

国家資格の第1位は、司法試験です。

ジャンル 法律
合格率 法科大学院修了者(合格率29%)
予備試験合格率(4%)
予備試験合格者の最終合格率81%(4%のうち81%が合格)
難易度 ★★★★★★
独占業務
目安:学習時間 予備試験 3,000~8,000時間

司法試験に合格すると、弁護士・検察官・裁判官になることの出来る資格を得ます。

現在、司法試験に合格するには、法科大学院を修了して司法試験に合格するか、司法試験の予備試験を受けて司法試験に合格するかの2つの方法があります。

学習時間と合格率、難易度は相関関係にあります。

学習時間の目安は3,000時間から8,000時間です。それ以上という方もいます。

国家資格の最高峰です。

 

2位 公認会計士

2位は経営・会計分野の公認会計士です。

ジャンル 経営・会計
合格率 10.7%
難易度 ★★★★★☆
独占業務
目安:学習時間 2,000~5,000時間(目安:3,600時間)

公認会計士は、監査・会計の専門家として、独占業務として「監査」を行うほか、税理士の仕事も出来るので「税務」業務、そしてコンサルタントとして活躍しています。

企業の監査には、法律で決められている法定監査、法定監査以外の監査、国際監査があります。

合格率は、10.7%とかなりの難関です。

学習時間は2,000時間から5,000時間と幅がありますが、これは受験回数、経験にもよりますね。

 

3位 不動産鑑定士

2位は不動産分野の不動産鑑定士です。

ジャンル 不動産
合格率 5.0%
難易度 ★★★★★☆
独占業務
目安:学習時間 2,000~3,000時間

不動産鑑定士は、不動産を鑑定評価するという仕事であり、不動産の鑑定評価は独占業務になります。

学習時間は2,000~3,000時間と、弁護士・公認会計士よりは、若干少なめに感じますが、必要最低限の時間を考えると大差ありません。

合格率は、5.0%ですが、これは、一次試験の短答式が毎年30%前後、二次試験の論文式が15%前後で、それを突破した最終合格率です。

一次試験の短答式を合格してから3年間は、一次試験を受けずして2次試験を受けることが出来ます。

 

4位 弁理士

4位は弁理士です。

ジャンル 法律
合格率 6.0%~7.0%
難易度 ★★★★☆☆
独占業務
目安:学習時間 3,000時間~

弁理士は、知的財産法を専門とする法律職です。

弁理士は産業財産権の取得や産業財産権の紛争解決を行う独占業務を持つ国家資格です。

やはり、こちらも学習時間が3,000時間と多くなっています。

これから、需要が増えてくる分野の資格と予想されます。

 

5位 税理士

5位は会計分野の税理士です。

ジャンル 会計
合格率 下の税理士試験科目合格率を見て下さい。
難易度 ★★★★☆☆
独占業務
目安:学習時間 下の税理士試験科目合格率を見て下さい。

 

税理士試験科目合格率

科目名 R1年 目安学習時間
必須科目 簿記論 17.4% 500
財務諸表論 18.9% 500
選択必須科目 法人税法 14.7% 600
所得税法 12.8% 650
選択科目 相続税法 11.7% 500
消費税法 11.9% 300
酒税法 12.4% 150
国税徴収法 12.7% 150
住民税 19.0% 200
事業税 14.8% 200
固定資産税 13.7% 250

税理士は、税務代理・税務書類の作成・税務相談が主な仕事になります。この仕事ができるのは税理士のみです(独占業務)。

独立する資格というと、税理士をイメージする方も多いと思います。納税は国民の義務なので、税金と無関係な方などいません。

そう言う意味では、身近に感じる仕事・資格の一つなのかもしれません。

 

税理士試験の大きな特徴は、科目合格性ということです。

そして、必須科目2科目、選択必須科目1科目、選択科目2つの5つの科目合格で晴れて税理士になれます。

 

税理士試験の科目合格は、一度合格してしまえば、一生有効です。

なので、5年で1科目づつ取得していっても良いわけです。

長期戦が可能な試験で、しっかり努力すれば合格出来る資格と思います。

 

6位 司法書士

6位は法律分野から司法書士です。

ジャンル 法律
合格率 3.0%
難易度 ★★★★☆☆
独占業務
目安:学習時間 1,000時間~3,000時間

司法書士の仕事は、依頼を受けて裁判所や検察庁、法務局に提出する書類を作ったり、登記手続きの代理をしたりすることです。

合格率は3.0%と低いですが、択一試験の基準点を突破した受験生が、記述式試験に受かる合格率は約30%です。

まずは、択一試験の基準点をしっかりクリアし、記述式試験を突破する準備をしっかりすることが重要と思います。

勉強時間は、けっこう幅がありますね。これは、スクールなら最短で1,000時間で合格可能性があり、、独学なら3,000時間は覚悟すべしと捉えています。

 

7位 中小企業診断士

7位はビジネス分野の中小企業診断士です。

ジャンル 経営
合格率 4.0%
難易度 ★★★★☆☆
独占業務
目安:学習時間 800時間~1,000時間

中小企業診断士は唯一のコンサルタントの国家資格です。

合格率は4.0%と、これも難関ですが、1次試験合格後は2つの選択肢があります。

一つは、2次試験、3次試験を受けて合格すること。

もう一つは、養成課程に進み、卒業して資格を得る方法があります。養成課程の詳しい内容は、後述します。

税理士と同様、科目合格制度がありますが、中小企業診断士の科目合格制度は永久では無いことに注意です。

合格から2年が有効です。(合格年を除く)

ですので、2年は他の科目の勉強に集中できます。しっかりと学習計画を立てることをお薦めします。

 

8位 土地家屋調査士

8位は不動産分野から土地家屋調査士です。

ジャンル 土地家屋調査士
合格率 9.5%
難易度 ★★★★☆☆
独占業務
目安:学習時間 1400時間~1,700時間

土地家屋調査士は、一言で言うと土地の境界における専門家です。

具体的な仕事内容は、不動産(土地・建物)の所在・種類(用途)面積に関して調査・測量を行い、その結果に基づいて図面を作製し、法務局に登記を申請することです。

試験内容は、

●筆記試験

午前試験/① 平面測量・② 作図

午後試験/① 民法に関する知識・② 登記の申請手続及び審査請求の手続に関する知識・③ その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

●口述試験

① 民法に関する知識・② 登記の申請手続及び審査請求の手続に関する知識・③ その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

になります。なお、測量士(補)、一級・二級建築士の資格を取得していれば午前免除が受けられます。

合格率は9.5%とやや他資格と比べて高くはなっているものの、取得までの勉強時間がけっこうかかるイメージです。それでも、9.5%はけっこうな難関です。

 

9位 行政書士

9位は法律分野の行政書士です。

ジャンル 法律
合格率 6%~10%
難易度 ★★★☆☆☆
独占業務
目安:学習時間 500時間

行政書士は、街の法律家と言われる私たちに最も身近な法律の専門家とも言えます。

行政書士の仕事は、「公官署に提出する書類の作成とその代理」です。その書類の種類は10,000以上とも言われています。

経験が必要な書類から、安易な書類までさまざまであり、公官署に提出する書類の作成で報酬を得ることができるのが行政書士のメリットであります。

合格率は6%~10%でやや年によって幅がありますが、しっかり努力すれば合格する試験だと思います。

 

10位 宅地建物取引士

10位は不動産分野から宅地建物取引士です。

ジャンル 法律(不動産)
合格率 15.6%(H30年)
難易度 ★★☆☆☆☆
独占業務
目安:学習時間 150~250時間

宅地建物取引士は、不動産業界における必須資格です。

なぜなら、不動産取引仲介には、契約時に重要事項説明という業務があり、それが出来るのが宅地建物取引士になります。

不動産仲介をするにあたり、宅地建物取引士保有資格者の設置は必須であり、従業員5人につき有資格者を1人置かなくてはなりません。

不動産業界に就職・転職する際には有利になる資格になります。

合格率は15.6%と上記資格と比べてやや高め。国家資格でありますが、チャレンジしやすく、人気の資格になります。

 

3.国家資格ランキングまとめ

当サイトにおける国家資格の難易度ランキングをまとめました。

順位 試験・資格名 難易度
1位 司法試験 ★★★★★★
2位 公認会計士 ★★★★★☆
3位 不動産鑑定士 ★★★★★☆
4位 弁理士 ★★★★☆☆
5位 税理士 ★★★★☆☆
6位 司法書士 ★★★★☆☆
7位 中小企業診断士 ★★★★☆☆
8位 土地家屋調査士 ★★★★☆☆
9位 行政書士 ★★★☆☆☆
10位 宅地建物取引士 ★★☆☆☆☆

また、当サイトでは、さまざまな切り口で資格試験の勉強時間を紹介しています。

大学受験と資格試験の勉強時間の比較

【比較してみた】大学受験勉強時間 vs 資格試験勉強時間

ドラクエと資格試験の勉強時間の比較

【クリア・試験勉強時間 比較】ドラクエ VS 中小企業診断士 

資格選びのお役にたてていただければ幸いです。

最後までありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA