アビリティマッピングとは

アビリティマッピングとは

このサイトで言う、アビリティマッピングとは、“スキル地図”のことです。

具体的なイメージはRPGゲームによくある、能力の成長地図盤です。

僕は、かつて、

今の環境から資格を取って脱獄し、

人生を変えるというクエストの為には、

必要なスキルや考え方をまとめる必要がある。

と思ったのがアビリティマッピングの由来です。

なぜ、このような考えに至ったかと言うと、

僕の受験人生は敗北続きだったからです。

【反省と検証】僕の敗北続きの受験人生【合格体験は無かった】

目的達成なら、考え方は、RPGでも受験でも同じと思いました。

アビリティマッピングとは
目的達成のためのスキルアップのロードマップ

RPGからの学びです。

 

ゲームは数字を最大化させてクリアする

最近では、「無理ゲー」や「ぬるゲー」など、ゲームと人生を関連づけて比喩する言葉もネットでは飛び交っています。

確かに、

(試験の為に)点数を上げる

 

 

(お金の為に)売上を上げる

 

 

(スポーツなどの)成功率を上げる

など、数字を最大化させていくっていう作業は、ゲームと似ています。

 

懐かしい言葉では、

ハイスコアってのもありました。

数字を上げるために、

何をやるか?

どうレベルアップしていくか?

というゲームの攻略法に、とても似ている部分があります。

ゲーム内は戦略論の縮図

必要な情報を収集、整理分析、行動計画決定、実行、結果分析、鬼改善していけば成功に近づきます。

目的達成するためには、戦略が必要です。

目的とは、数字を最大化させ、あなたが描く未来に辿り着くことです。

ゲームは、一種の戦略論であると思います。

レベルアップのファンファーレは最高

レベルアップのファンファーレは最高です。

資格試験や検定試験に合格した時に、頭の中で流れませんか(笑)?

合格を聞いた後に街を彷徨う気分は、人生、最高な場面の一つですよね。

一緒にファンファーレを聞きましょう。

具体的には、攻略法となりたい

アビリティマッピングは、みなさんのライフクエストやダンジョンの攻略法となりたいです。

資格攻略等を通して、

「人生を変えていく価値や視点を提供していきたい」

と思っています。

プロフィール

名前

TAD(タッド)

肩書き

・中小企業診断士

 

・宅地建物取引士

 

・創業・新事業コンサルタント

専門と経験値

事業計画策定支援(現在まで作った事業計画書は300以上。経営支援事業所は数知れず。

経営革新計画・創業計画・ものづくり補助金計画作成など前線で戦闘豊富(割と勝率高い)。

某支援機関にて専門家登録や派遣の担当経験も長く、どんな専門家(中小企業診断士や各コンサルタント、デザイナーなどスキル系も)が求められるか?についても内部から熟知。

決して「腕に覚えあり!」のコンサルではないが、一応、資格があるので、いわゆる自作自演コンサルでは無い(笑)。逆に自慢は社長からのリピート率。

経歴

この時代に「大学に行くことがステータス」という感覚の”ど田舎”から大学を目指すも、偏差値ギリ40程度であえなく現役撃沈。

2浪後大学入学するが、いわゆるFラン。卒業後に田舎に帰って国家資格でも取ろうと模索するが、周りには変人扱いされる。「受かる訳ねーだろ!」感が満載の職場にて、30代に突入し仕事の丸投げに合い、鬼多忙となる。

社畜化が進行し、「自分の人生、もはやこれまで」と絶望していたが、ある勉強法に目覚め、宅地建物取引主任者(合格)⇒中小企業診断士(合格)と連続して合格する。

地方は超不利と感じつつも、ど田舎からでも難関資格の取得は、無理のない努力でも十分可能ということに気づく。また、中小企業診断士としてそのリアルガチな実態を発信していく。

【実話】中小企業診断士試験:ど田舎からの合格体験記