中小企業診断士になるメリットはこれ!!【脳内編】

中小企業診断士の実態についてリアルガチに書いていきます。

受験生のみなさんにも、

中小企業診断士に合格された同志にも、

有益な情報を提供するサイトにしていきたいと思いますので、よろしくm(_ _)m

この記事を書いた人 ↓↓↓

名前:TAD(タッド)

 

専門:事業計画策定支援(現在まで作った事業計画書は300以上。経営支援事業所は数知れず。経営革新計画・創業計画・ものづくり補助金など前線で戦闘豊富(割と勝率良し)。某支援機関にて専門家登録や派遣の担当経験も長く、どんな専門家(診断士)が求められるか?についても内部から熟知。決して「腕に覚えあり!」のコンサルではないが、一応、資格があるので、いわゆる自作自演コンサルでは無い(笑)。逆に自慢は社長や支援機関からのリピート率。

 

肩書:中小企業診断士、宅地建物取引士、創業・新事業コンサルタント。

 

この時代に「大学に行くことがステータス」という感覚の”ど田舎”から大学を目指すも、偏差値ギリ40程度であえなく現役撃沈。2浪後大学入学するが、いわゆるFラン。卒業後に田舎に帰って国家資格でも取ろうと模索するが、周りには変人扱いされる。「受かる訳ねーだろ!」感満載の職場にて、30代に突入し仕事の丸投げに合い、鬼多忙となる。
「時すでに遅し。もはやこれまで」と腹を括ったところ、行政書士試験後に、ある勉強法に目覚め、行政書士(1点足りず不合格)⇒宅地建物取引主任者(合格)⇒中小企業診断士(合格)と確変状態に入る。東京の環境を経験したことから、地方は超不利と感じつつも、ど田舎からでも難関資格の取得は、無理のない努力でも十分可能ということに気づく。また、中小企業診断士としてそのリアルガチな実態を発信していく。

こんにちは。TADです。

今回は、中小企業診断士になるメリット【脳内編】について説明します。

 

中小企業診断士に興味を持っているけど、なった後のメリットを具体的に知りたいと思いませんか?

すでに中小企業診断士に勉強中で、もう一度モチベーションが欲しいと思っていませんか?

 

実は、中小企業診断士に合格した多くの方が感じ、言葉にする共通のメリットがあるのです。「自分の世界が変わった」「見える景色が今までと違う」と表現する人もいます。

 

なぜなら、中小企業診断士試験内容の、ある学問が一定レベルの所に達すると、ビジネスに関する理解が決定的に早くなるのです。

ただし、この記事は、僕みたいに凡人向け。すでに優秀な人向けではありません。あしからず。

 

記事を読み終えると、中小企業診断士を目指すメリットが分かり、モチベーションのガチ上がりが期待出来ますよ。

 

ビジネスマンに必須の学問【マーケティング】

 

最初に、結論です。

中小企業診断士試験を勉強するメリットの一つは、マーケティングです。

なぜなら、マーケティングの知識が無いと、自分も売り出すことは出来ません。

実は、ここが「肝」なのです。

何の資格をとっても、食べることの出来ない人は、ここが出来ません。

 

「マーケティング」には、様々な定義があると思いますが、

僕は、シンプルに「モノやサービスを売れるようにすること」と考えてます。

理由は、「売って、お金を稼ぐため」です。笑

 

なので、診断士ですら、このマーケティングが出来ない人は稼ぐことができません。

また、僕のような凡人が、優秀な人に追随し、追い越すきっかけになる魅力的な学問でもあります。

 

マーケティングが分ると、行動が変わる

 

マーケティングが分ると、行動が変わります。

なぜなら、僕はマーケティングはビジネス(お金を稼ぐ)ことの学問であると共に、生活全般に使える最強の学問と思っています。

 

だから、生活そのものの行動がマーケティング思考となり、行動が変わってきます。

行動が変わると、結果がついてきます。結果が伴ってくるとノウハウが貯まってきます。

望ましい生活の循環が生まれます。

 

具体例を言うと、

腕の良い営業マンは、モノを売るプロのみならず、マーケティングもしっかり出来ている人が多いです。

深掘りして言うと、

ターゲッティング(狙うべき人等)が明確で、いかにアプローチし、どんな価値をどのように提案していくかが体得出来ているからです。

 

一般論ですが、優秀な営業マンはモテる人も多いです。

あなたの周りの優秀な営業マンはモテてませんか?(・∀・)

 

マーケティングが分ると、ビジネスに関する理解が早くなる

 

マーケティングが分ると、ビジネスの理解が劇的に早くなります。

 

これ、メッチャでかいメリットです。

僕みたいな凡人には、どの様にして「お金を稼ぐのだろう」という疑問の原点に触れることが出来ます。

 

人の話を聞いても、

本を読んでも、

twitterを見ても、

 

自分なりに頭の思考がマーケティング思考になり、ガンガン点が線となっていきます。

 

え?イメージがつかない?

では、例で・・・

 

金田一少年が犯人のアリバイ・トリックをすべて解き、

「謎はすべて解けた」

と、言う瞬間、そんな感じです。

 

言い過ぎか。 笑

 

ではこれではどうですか?

 

謎をどんどんと解いていって、

「はっ、もしかして!」

と思っているところが近いですかね。(゜_゜;)

 

今までのシーンがフラッシュバックにして、すべての導線が繋がり、金田一少年の目が光る、「あの状態」です。

 

僕は、それをブレークスルーと呼んでます。

このブレークスルー状態がビジネスに関して、発生しやすくなります。

結果、ビジネスの理解が劇的に早くなります。

 

マーケティング思考をすると、中小企業診断士業務も波に乗りやすい(逆は悲惨)

 

なので、診断士試験では、このマーケティング思考を常に意識して勉強すると、理解が早くなると思います。

 

中小企業診断士業務において、やっぱり、事業主さんに喜ばれるのは、マーケティングの話。

お金を稼ぐ事って、夢がありますもんね。

 

事業計画策定支援には、マーケティングが欠かせません。

マーケティング思考が出来ると、業務も波に乗りやすいです。(事業主さんに提案出来る様になるから)

 

逆に、マーケティング思考が出来ない診断士は悲惨。

事業計画書作りが、事業主が話した事だけを書く「書記」か?

って感じる方々も少なからず、いるような・・・

 

リピートリクエストの無い診断士は決まって、マーケティングの知識が弱いですね。

これは分ります。理由は、「提案力」が無いからです。

 

まとめ

 

マーケティングを勉強することにより、ブレークスルーが発生しやすくなり、ビジネスに関する理解速度が早くなります。

結果、生活にも良い影響が出ます。

 

今までの自分自身が見ていた景色と、違う景色が見えるようになるかもです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA